職人がつくる服。

「やばい!この人イッてる」って
すごく職人肌でまじめな人ってのが最初服を見たときの印象。

いい意味で不器用なまでの職人気質な物作りは、
服作りにおいて嘘がない(つけない)というか・・・

自分もすごく心を打たれメジャーとかマイナーとかという判断ではなくて、
店の輪郭を浮き彫りにするうえで常にトライしていきたいって思える職人がつくるブランドがある。

Lounge Act―

artisanな雰囲気満載のウールのジャケットはハンティングJKTをモチーフに圧縮ウールを使用して、
芯地にガーゼを使用しているので、カチッとしすぎない柔らかさが特徴です。

すっきりとしていながらも着やすいのは立体裁断によるパターンと、
フロントの袖付けがセットインスリーヴ、後がラグランスリーブの袖付けからくるもの。

後にゲームポケットが付き、内側と繋がる仕様はハンティングJKTに見られるディテールです。

また、内側でウェストが絞れるアジャスターが付いて機能的。

裏は内ポケットが付き、更にはラペル裏にポケットが付き、

表に出るステッチはすべてハンドステッチで処理。

柔らかいガーゼの総裏仕上げ、
袖裏、ポケット中側の生地はストライプの生地です。

本切羽の袖とボタンは古着についてたものを使用しています。

すべての工程を一人で手掛けた

職人気質な物作りは服好きでしたら間違いなく良さを実感してもらえるはず。

一着の服からは語りつくせないほどの拘りと、

古き良き時代に感じられた手仕事でしか味わえない空気感を大事にしています。

Lounge Act

HUNTING JACKET [A-TYPE HJ10W]

Lounge Act/ラウンジアクト

リラックスできる服をテーマに。

手間のかかるハンドステッチや刺繍など、できることはデザイナーが自ら製作し

どこか野暮ったさのある手造り感のぬくもりの伝わる服が特徴。

ビンテージのボタンやバックルを使用することで他にはない遊び心のあるデザインを心がけています。

すべては皆さまにお洒落を楽しみながら歳を重ね理想のold man(お爺さん)になってもらうために。

最近ブログを始めたとのこと。良かったらご覧くださいhttp://loungeact.blog.shinobi.jp/