EELのシャツに共通して言えること。

EELのシャツで共通して思うことは、

「大きすぎず小さすぎず・・・」と単に一言では言い表せない

すっきりしていながらも、着たときの“程よいゆとり”を計算に入れた

EELならではのバランス感覚はホントうまいなぁと思う。

そんないつまでも自分だけの定番として手元に置いておきたいような

EEL解釈のベーシックシャツの提案としてリリースされた

エーゲレスシャツ

着易いシルエットと、レギュラーカラーの襟、コロンとした厚みのあるボタン。

シンプルだからこそ、素材と付属に拘ったこのシャツはまずは着てみて!

EEL (イール) | エーゲレスシャツ

Col:ホワイト

EEL (イール) | エーゲレスシャツ

Col:ギンガム

——————————————————————————————————————————————–

そしてこちらはハチマルシャツというネーミングのシャツ。

ハチマル=80

80年代くらいに見られたショートポイントの襟がモチーフで

ドレスを匂わす繊細さがありながらも

細い糸を高密度で織り上げているため、生地自体にかなりハリがあり、

襟裏や肩周り、背中の剥ぎ部分の縫製を武骨なステッチワークで強い印象を残して、

男らしいバランスに仕上がりました。

EEL (イール) | ハチマルシャツ

また首の部分のループ状の引っかけ紐、ギャザーを寄せたカフスのつまみ部分、

胸ポケットのデザインなどのディテールにも注目↓