アメカジ屋からのアプローチ。

 

t.m.p. coop

このブログでも何度も喋りましたが

もともと自分はジーニング上がりのアメカジ野郎でした。

今となってはずいぶん遠ざかってますけど、

そこにはまった頃の名残は

意識してなくともお店のカラーにも少しばかり反映されていると思います。

昔t.m.p. coopを出すよりもっと前に、お付き合いがあったアメカジ屋からアプローチがありました。

これも自分の通ってきた道。

ならば、今の気分でこの辺を切り取ったらどうなるだろう?という興味が沸いてきました。

新たな切り口は変にカテゴライズせずにラフで自由に。

いろんな物を見て経験してきたからこそ、今、自分にしかできない何かを伝えられるようなが気がしています。

 

つづく