voice

 

 

自分達がやってることは

所詮は贅沢品かもしれない。

こんなとき自分にできることは限られてるけど

いいもの探して勉強して

一生懸命頑張って

そして

困った人達が苦しんでる人達が

いつもの日常に戻って

いつでも帰ってこれるよう

明日も自分の居場所で

笑顔で迎えよう!

 

その人達の日常の1コマにほんの僅かでも

彩りを与えられる存在でいられるように。

 

 

※昨日つぶやいた個人twitter(非公開)より。